高精度静止画像データ取得システム(HRIS)

  国内初のヘリコプターによる高精度静止画像データ取得システム

  国内初、ヘリコプターに高精度静止画像データ取得システム「HRIS(High Resolution Image System)」を搭載。

  ヘリコプターの機動性を活かしたアクセスが難しい場所や広範囲の設備点検において、HRISを用いた設備点検は効率化に繋がります。

  九州電力送配電㈱様の送電線設備点検において同システムを活用しています。

  また、設備点検の他、市街地の3Dデータ作成等にも威力を発揮します。


 (システムの概要)

  ・6軸制御で全方向(直下)で安定して撮影できる、欧米でも実績のある防振・安定装置

  ・フルデジタル処理で映像劣化・ノイズのリスクなし

  ・1億画素のカメラ(Phase One社製)を採用

  ・500m上空から150m×110m範囲を1枚で撮影時の分解能は最大1.26㎝/px

  ・1枚毎に撮影した画像にGPS位置情報を記録するため、地図表示など資料管理が容易

  ・静止画形式はJPEG等で保存できるため編集が容易



  まずはお気軽に下記お問い合わせフォームからご連絡ください。

  お問い合わせはこちら


   安全への取り組みはこちら